ほねさぽブログ

治療院繁盛方法論2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

治療が上手なだけでは繁盛しません!

良い治療だから繁盛するとは限らない。

多くの治療家の先生は、良い治療を提供しようと考えます。

そのために多くの技術を学ぶためにセミナーへ通ったり、練習をすることで多くの時間とお金を自己投資している事でしょう。

それは素晴らしいことです。

しかしながら、治療家がいくら自己満足的に良い治療を提供したとしても、その治療が評判になるとは限りません。

例えば、ラーメン屋さんでも、美味しいラーメンを提供するお店が、必ず繁盛していないのが現状です。

反対にラーメンが特別美味しいわけではないのに、繁盛しているラーメン屋さんも沢山あるのが現実です。

上手な治療=評判の治療と思っている先生も多いのではないでしょうか。

昨今は治療院が非常に乱立しています。

ですから治療院が繁盛するためには、良い治療を提供するのに合わせて、プラスアルファの何かが重要なのです!

 

繁盛するには売れるメニューが必要!

治療院が繁盛するためには、治療家が良いと思っている自己満足な治療ではなく、患者様が受けたくなる売れるメニューが必要なのです。

例えば、鍋焼きうどんを提供したいと思っていても、お客さんが夏の暑い時期でも需要が多いでしょうか?

暑い時期では、冷やしたぬきうどんの方が人気になるでしょう。

以前は酸素カプセルだったりでしょうか。

最近は骨盤矯正などは売れ筋ですよね。

ほねごり接骨院でも自信を持って提供したメニューがなかなか売れず、早々となくなったメニューもあります。

患者様が興味をもって、受けたい!

私に必要!

と、思ってもらえる治療メニューの構築がかなり重要なのです。

患者様がどう思われるかが、全てなのです!

 

次回は売れるメニューの作り方について、お伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加