ほねさぽブログ

治療院繁盛方法論16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単な効果測定の考え方

感覚値で効果を判断していませんか。

新規での患者獲得方法や物販などの販売促進活動をするにあたり、必ず行っていただきたい作業があります。

それは、効果検証です。

これは、PDCAのCに当たるものです。

販売促進活動を行った結果、利益がどの程度出たのか、どうなのかを必ず確認しなくてはなりません。

効果のあるなしを感覚的な判断をしていると、利益が出ているにもかかわらず、新しい施策が期待値よりも効果が少ないということで、その後辞めてしまうこともあります。

それは、経営判断としては至極当然の事でもありますが。

逆に費用対効果があまり出ていないのに、その施策をやり続けてお金と時間の無駄使いをしてしまっているケースもあります。

これは結構あります。

最悪なのは、全く効果が出ていないのに何の検証、対策もせずに只々お金を垂れ流しているなんてことも・・・

例えば、不要な携帯電話の契約メニューなんかもよくありますね。

そうならない為にも、検証を都度続けて利益が出ないのであれば、改善する必要があるのです。

 

次回は、販売促進活動のルールの設定の仕方をお伝えいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加